身長130cm~のピアノ補助ペダル
「サポートペダル」&専用足台「サポートスツール」セット
身長130cmくらいからご使用頂く定番のアシストペダルにそっくりですが、こちらは中国生産でコストダウンして作られている、イトマサのサポートペダルです。

まだ、発売されたばかりで販売実績が乏しいので、どのくらい安定して使用頂けるか未知数ですが、台とペダルが一体型の補助ペダルよりも簡単な構造ですので、恐らくご自宅での練習には充分お使い頂けるのでは無いかと思います。

何と言ってもお手頃な価格と言うところが魅力です。

補助ペダルをはじめてお求め頂く場合はご注意下さい
お子様がペダルを操作する場合、早くて身長110cm位から踏み始めますが、それから直接ペダルへ足が届くようになるまでには身長が150cm前後となるまで補助ペダルが必要です。
その補助ペダルは、背丈によって使い分け頂く必要があり、大きく2タイプに別れます。

■台とペダルが一体型のタイプ(身長110cm~130cm対象:機種によって異なります)
機種によりご使用頂ける背丈は異なりますが、一般的に身長110cm~130cmくらいが台とペダルが一体型の補助ペダル。
大凡の補助ペダルが、台をめいっぱい下げて床から13cmほどです。
これは、身長130cmくらいのお子様が理想的な椅子の高さに腰掛けた時のかかと位置になります。(※ピアノの設置環境によって若干異なります。)
それ以上に背が伸びると膝が上がってしまいペダル操作がし難くなります。

■台とペダルが別々のタイプ(身長130cm~対象:機種によっては大人の方もご使用頂けます)
あまり種類はございませんが、一般的に130cmのお子様からご使用頂くのが使い易いです。
通常ペダルとは別売の専用台を併用頂くこととなりますが、この台は最高の高さが床から12cmほどのものが大半です。
※本商品は、専用の台とセットになっております。

以上大きく分けて2タイプの補助ペダルからお子様やご使用状況などによって最も適応する機種をお選び下さい。
>>>補助ペダルの選びかたの詳細

当店では、台とペダルが一体型の補助ペダルを別々のタイプへ買い換えの際に下取サービスを致しております。
現在、当店でお買い求め頂いた機種(ご購入者様)のみご対応致しております。
無理をせず背丈に応じて2タイプを使い分け頂くことをお勧め致します。

【試合観戦における不正入場について】今シーズン、成人の方が小中学生向けのチケットで入場するなどの不正行為が相次いでおります。入場料収入はクラブの運営を支える大きな収入の柱の一つとなっており、是非とも観戦ルールを守り、正しいチケット券種にてご観戦いただきますようお願い申し上げます。

イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他

イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他

イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他

イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他

イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他

イトマサ 補助ペダル:サポートペダル「ペダル&専用足台」セット/アシストペダルと似た安価な補助ペダル -その他

インフォメーション

  • +Qualityプロジェクト
「#Jのチカラを示せ」U-23日本代表
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集

テレビ放送

一覧へ

ピアノ椅子ピアノスツールY-30 Kマホガニー(M)吉澤

佐藤美希
Jリーグスタジアム訪問記

得点ランキング

詳細へ

順位表

詳細へ

2016 明治安田生命J2リーグ

順位 チーム 勝点 試合数
1 北海道コンサドーレ札幌 北海道コンサドーレ札幌 53 24
22 ギラヴァンツ北九州 ギラヴァンツ北九州 22 25

2016年7月25日(月) 21:37更新
※試合中の順位表は公式記録が発表されるまでの暫定記録となります。

2016 明治安田生命J3リーグ

順位 チーム
1 栃木SC 栃木SC 39 18
16 ガイナーレ鳥取 ガイナーレ鳥取 13 17

2016年7月24日(日) 21:50更新
アップライトピアノ ハーフカバー PC-415B 別注サイズ(受注生産) (椅子カバー別売) (納期約3週間)

旬のキーワード

「#Jのチカラを示せ」U-23日本代表
2016JリーグYBCルヴァンカップ特集
がんばろう九州「#チカラをひとつに -TEAM AS ONE-」